地道な募集の結果が出ました!
条件の低い方は、お断りをしていきました。
たまには割り切りと勘違いするような方もいます。
こういったやりとりを何回か繰り返して、やっと高額な提案をしてくれる方が出てきました。

 

 ハッピーメールの募集を見てメールを送ってくれた方、2万円も食事するだけで支払うと言ってくれました。
「まずは顔合わせをしないとね。お茶だけになるけれど、1万円ほど支払ってもいい」
とても素晴らしい条件を提案してくれたのが、48歳の飲食店を経営している方でした。
「時間を取れる日を教えてくれれば、なるべくそれに合わせよう」
こうして、始めたのお金くれる人との対面になりました。

 

 古くから営業している、喫茶店でした。
すごく落ち着いた大人のムード。
そこで、お茶を飲みながらお話になりました。
「自分で生活費も出すとなると、大学生活は楽しめないねえ」
「そうなんです。オシャレも出来なくて、友達とも気軽に遊びに行けなくて」
「それじゃ、つまらないもんな」
「はい」
「定期的な関係作ってみるかい?」
「いいんですか?」
「ああ、そうだな、週に1回会ってくれれば最高に思うよ」
「それは問題がありません」
「なら、都度払いの2万円をだすよ」
「そんなにたくさん」
「少ないかい?」
「十分すぎます。ありがとうございます」
やりとりの中で、継続してもらうことになりました。
肉体関係を持たない愛人契約です。
その日は1万円を受け取ったばかりか、タクシー代として5000円ほど支払ってくれました。
無茶苦茶感謝しました。

 

 10日ほど後になったのですが、ディナーのお付き合いになりました。
車で迎えに来てくれて、レストランまで連れて行ってくれました。
さすがに飲食店を経営している方です。
美味しい料理を出すお店を熟知しているようです。
連れて行ったお店の料理が美味しくて、ほっぺたが落ちそうになりました。
しかも、この料理をご馳走になれるのに、さらにお小遣いが入ってくるのです。
その日、胸が高鳴り続けた感じでした。