ツイッターの友達のミカちゃんには、パパがいました。
もう、それがわかった時は、何とかなるのではないかと思いました。
ミカちゃんは出会いのノウハウを知っています。
だから、期待が高まりました。
「それで、何処を利用してパパを募集したの?」
「登録する必要があって、男の人が有料になる出会い系サイトなの」
「出会い系サイトは安全なの?」
「全部の出会い系は安全じゃない。でもね、ひとつまみ程度だけど、手放しで利用できる超安全なサイトがあるんだよ。その公式アプリを、パパ活アプリにして募集するんだ」
出会い系サイトというのは、ネット上にはたくさんあるみたいです。
数え切れないくらい、出会いのサービスが展開されているのだそうです。
でも、多くは悪質なサイトだったりするから、注意が必要だと言われました。
健全に運営をしていて、利用者から高い支持が得られている優良出会い系サイトは、間違いなく安全性が高いと教えられました。
カンパしてくれる男性は、確実にそこにいるとのことです。
「Jメールとか、ハッピーメール、あとはYYCがとても良いサイトなんだ」
女の子は無料利用ができるとのこと。
だから、すべて同時に使っていくことで、出会いのチャンスもアップなんて言われました。
貢ぐ男の人が探せるサイト名がわかり、胸が高鳴ります。
ミカちゃんの使ったサイトで募集すれば、食事するだけのお仕事が探せ出せます。
「これだけは言っておくけど、お金なんて言うキーワードが遣えないの。これはNGにされているからね。絶対にお金とか援助という言葉は使わないでね」
管理されている出会い系サイトだけあり、厳しいルールもあるようです。
でも書き込みをしなければ、全く問題はありません。
メール交換の後は、無料通話アプリで条件交渉すれば良いとも教えられました。

 

 ツイッターの友達、ミカちゃんから詳しく教えてもらいました。
善は急げです。
彼女の使ったパパ活アプリを、早速インストールしました。
登録作業を済ませ、身分証も提出。
すぐに募集の投稿をすることにしました。
頻繁に書き込みしていけば、メールが届くそうです。
地道に募集していくことにしました。